本部との関係

本社のサラリーマン

コンビニ経営では、商品を切らさないようにすることが大切です。そのために、仕入れの量をこまめに調整する必要があります。
おでんや肉まんなど調理に時間がかかるものには優先的にとりかかりましょう。朝や昼などのピーク時にスムースにお店をまわすためにも、前もっての準備が肝心です。

本や雑誌の入れ替えも大切な仕事です。フランチャイズを始めると、毎日さまざまな雑誌が入荷することに驚かされるでしょう。
対象となる層も幅広く、自分の知らないジャンルの知識もふえるというメリットがあります。
コンビニには、本部との橋渡しの役をするスーパーバイザーという仕事があります。経営面で分からない点や不安があれば、遠慮なくスーパーバイザーに相談しましょう。
オーナーに熱意があればスーパーバイザーもそれに応えてくれるものです。スーパーバイザーとの関係が緊密なフランチャイズほど良い売上げを残しています。

自分の店をもつ

長引く不況の中、コンビニは安定した売りあげを残しています。創成期は若者の利用が中心でしたが、現在では幅広い年齢層に支持されており、電気、水道、ガスなどとならび、ライフラインのひとつになっています。
サラリーマンとして長く勤めてきて、フランチャイズのお店をもって独立する方も増えています。フランチャイズは土地がなくても始めることができます。
コンビニの本部が土地を用意してくれることもあり、相談にも気軽に乗ってもらえます。オーナー同士の横のつながりも緊密で、先輩オーナーの話をきいて経営の参考にする方も少なくありません。

自分の土地があれば、企業も簡単です。お店の設備はお店側が出資してくれるので元手もいりません。
フランチャイズのお店では、個性を活かすことができます。仕入れも任されるので、売れ筋の商品だけでなくオリジナリティ溢れる店作りを目指しましょう。
経営が軌道にのれば、複数の店舗をもつことができます。地域によって店作りの方針もかわるので、やりがいのある仕事といえます。
通常の企業と違い本部の方に経営のマニュアルがあるので、経営が安定するまでにそれほど時間がかかりません。
特別な知識や経験がなくても始められるのがコンビニのいいところです。知名度も高いので、自ら高いお金をはらって店を宣伝する必要もありません。
流通システムがしっかりしているのも特徴です。商品の管理や発注が専用の端末ひとつでできるので、面倒な手間が省けます。

地域性が高いコンビニでは、常連のお客さんがたくさんついてくれます。毎日利用する人も多く、顔なじみになればいろいろな話が楽しめ、勉強になることも多いです。
新商品がどんどん入ってくるというのもコンビニの特徴です。人気商品を即座に把握できるため、流行に乗り遅れることがありません。
家族で経営している店も多く、仲が良いお店ほど売り上げもあがります。人件費も抑えられるため、収入アップにもつながります。
オープンから一定期間は、フランチャイザーが最低限の売り上げを保証してくれる制度があります。経営が軌道に乗るまでの間も生活に困ることがないので、心強いです。

接客対応

さまざまなサービス

オープンからしばらくの間、フランチャイズのオーナーは気がはり…Read more
商品陳列

店作り

フランチャイズのオーナーを目指す方のために、コンビニでは定期…Read more